PARTNER

1424537541

Felizは、現地に拠点のあるNPOと提携し現地の女性たちと一緒に製品を制作しております。

フィリピン・ルソン島 ケソン市パヤタス

1391489129

パヤタスは、ケソン市にあるスモーキーマウンテン(ゴミ山)のある地域マニラで住む場所を失った人々や地方農村から仕事を求めてやってきた多くの貧しい人々が移住してきた場所です。Felizでは、NGO「ソルト」様のご協力により、ソルトのスカラシップを受けているお子さんのお母さんの中でご希望下さったお母さま達にアクセサリー作りの技術指導をさせていただきながらデザインを提供し、適正な工賃と現地団体への手数料をお支払いしております。

フィリピン・ルソン島 オロンガポ

1424537061

「NPO アクション」様のご協力の下、子どもを学校に通わせたい、アクセサリーの技術をもっと知りたいとおっしゃるママ達に技術移転・デザイン提供をし製品を制作して頂いております。適正な賃金をお支払いし、現地団体への手数料をお支払いしております。

オロンガポ メンバー

ラッセル Russell Cacho
01raseru
お子さん2人を持つママ。造園業で働く旦那様と4人暮らしの仲良しファミリー。

ラッセルさんは、「アクセサリー作りが大好き、新しいテクニックをもっと知りたい。子どもを学校に大学まで通わせたい」とプロジェクトに参加。ワークショップでも、「次は?次は?」と積極的に取り組んでくれています。また、とても手が器用なのと、丁寧で美しいアクセサリー作りで信頼のおけるアルチザンです。旦那様もラッセルさんの仕事に協力的で、材料の買出しでマニラに行くことも許してくれています。

ルル Leonila Nicolas
01raseru
3人のお子さんを持つママ。ボディガードだった夫は、今失業中。

長男は、日系企業に勤務。長女は、無職。末っ子は、近所の仲の良かった若いママが育てられないと手放した子どもを引き取ったお子さんです。家では、サリサリショップ(家の1角で営む小さなお店)をしています。アクセサリー作りも経験があり、とても熱心。ワークショップで何度やり直しを言っても最後まで諦めずOKが出るまでやり直しをしてくれるやる気と粘り強さがあります。

フィリピン・セブ島 タリサイ

1430296563

タリサイ地区の漁村スラムの現地団体Tulaysa Kinabuhi様とNPOハロハロ様のご協力の下、アクセサリー製作に興味のあるママ達にお集まりいただき 技術移転・デザイン提供し商品を製作して頂き、適正な賃金をお支払いしております。また、「1Bracelet For 1Meal Project」というこの地域のママたちに製作していただいているブレスレットを購入頂くと、同じ地域の子ども達の食事と学用品代として100円が寄付されるプロジェクトを2015年春より開始します。

partner

タリサイ メンバー

マネージャー:サラ*Sharah(Girly)
01raseru
サラは、タリサイのパートナー団体Tulaysa Kinabuhiの代表の奥様。

結婚前は、アメリカ母体の貧しい子供たちのための支援NPOの仕事をしていました。結婚を機にこの漁村スラムに移り住み、夫と力を合わせて地域のために活動しています。Felizのアクセサリーに関して、マネージャーとなって下さり、地域のお母さんたちをまとめ、製作のための諸々をオーガナイズしてくださっています。アクセサリーも製作してくれています。

グレース*Ma.Grace.Capablance
01raseru
グレースは、5人の子どもがいる47歳の専業主婦。夫は、漁師で約7000ペソ/月の収入があります。御夫婦ともに小学校卒。

1人の子供は、工場で働き、約7500ペソの収入があり家計を支えてくれています。育ち盛りの子ども達がいるので支出の約8割が食費。電気代と学費でほぼお金を使い果たす。木製の家でトイレは無く、床で皆で寝ています。テレビとラジオ、カラオケが家にあるので夜は、近所の人が集まっていることが多いお宅です。

アナベル*Anabele.Lariosa
01raseru
アナベルは6才の子ども1人をもつ36才。ネイルやマッサージをして月約2000php程稼いでいる。

夫はバイクタクシーの運転手で月約8400phpを稼ぐ。アナベルは義務教育過程を終了したが、夫は小学校までしか終了していない。木製のシンプルな作りの家に住んでいてトイレはあるが電気が来ていない。収入の約8割は食費に消え、残りの2割は学費や薬代などである。お店や個人に借金もあるので、アクセサリー作りで家計を支えられることを期待して参加。

ローズマリー*Rosemarie.Obesso
01raseru
ローズは14才の子どもがいる45才の専業主婦。夫は宅配業者の運転手として働いており月約10,000phpを稼ぐ。

ローズは小学校までしか卒業していない、夫は中学2年で中退。木造の家で、ベッドはなく床に寝ている。テレビと扇風機はあるが、トイレがない。食費が約5割を占め、学費と電気代が1割ずつかかっている。借金などはしておらず、まじめで堅実的。

サラ*Sarah.Rada
01raseru
サラは6人の子どもをもつ55才で裁縫とサリサリストア収入で月約5000php程度、再婚した夫50才はトライシクルドライバーで月9,000php程度を稼ぐ。

大学に通う子ども2人を抱えているので、学費が家計の6割をしめている。残り4割はほぼ食費。家庭用ミシンで裁縫の仕事をしているので電気代も多くかかっている。新しい技術を得たくて、このアクセサリー作りに参加した。

ジェシル*Jecyl.Sanchez
01raseru
ジェシールは途中参加で途中で消息不明になったためインタビューができていません。
(-経緯- ジェシールは、まだ幼い子どもを抱え、夫は建設現場の助手などをして生活していた。
夫はドラッグ中毒でそのリハビリをしているのだが、家庭を顧みずに仕事にもいかなくなってしまい)家庭内暴力の問題もあり急遽7月に地域を離れることとなった。

Felizのアクセサリー作りに関心はあったものの、夫が家庭から出してもらえなかったり問題が多くうまく参加できなかった。)

ロリータ*Lolita
01raseru
ロリータは49才の独身女性。74才と67才の両親と3人の兄妹、5人の兄妹の子どもたちと一緒に生活している。

お父さんが漁師で月約4500php稼いでいるのみ。木造の家の床で寝ていて、トイレもない。稼ぎの全額を食費にあてており、電気代や薬代、学費などの借金がある。アクセサリー作りにとても興味があったし、副収入がほしかったので参加した。

ページ上部へ戻る