ABOUT

CONCEPT

作る人、購入する人、環境、Felizの商品に関わる全てがHAPPYである
「HAPPY が つながる ACCESSORY」
をコンセプトに商品を通してHAPPYがつながるライフスタイルをご提案します。

VISION

子供たちが 未来に夢や希望を持ち それに向かって進める社会。

MISSION

フェアトレードアクセサリーやジュエリーの製造販売を通して、
お母さんの雇用作りと子どもの教育を受ける機会を増やします。
持続可能な社会と地球環境(サステナビリティ)を目指した商品作りをします。

MESSAGE

女の子1

「生まれた国、生活環境、性別に関わらず子どもたちが未来への夢や希望を 抱くことが出来その抱いた夢や希望を叶える可能性を広げるため1人でも多くの子供に教育を受けてもらいたい。」その想いからFelizの活動が始まりました。
1人でも多くの子供が教育を受ける機会が増えるためにはどうしたらよいか・・・
学び考えた答えは、女性への働きかけの重要さです。世界の貧困の70パーセントは女性と子供であり、父ではなく、母がお金を持つと子どものために使用する金額が増え、母の学歴が高いほど 子供の就学率や継続率、進学率が高くなります。
そのようなことから、Felizは、女性特に母親に技術支援や雇用の機会を作ることによって学ぶことの大切さを感じたり、収入向上により子どもたちの生活向上や教育の機会が増えることを目指しています。
全ての人々が それぞれが求める幸せの形で人生をおくれる世界になる
そのような社会になるようFelizらしい方法で関わってまいります。

代表プロフィール

Feliz 代表・デザイナー 柿本 可奈子.
20代に保健師として市役所に5年勤務。沢山の母子と関わり、生まれた家庭環境によって子どもの生活環境に大きな差があり、厳しい環境で暮らす子ども達が沢山いることを知る。 2008年ビーズアクセサリー作りを学び始める。翌年コンテストで受賞後、アクセサリーブランド『Encourage』を立ち上げる。企業等へのデザイン提供、ムック本に作品掲載、百貨店で作品販売開始。かねてから途上国の貧困問題、特に子どもへの支援を模索し「フェアトレード」という考え方に出会う。

2010年、女性特に母親に収入が入ると子どもに使われることを学び、母親の雇用の創出・自立を目標にその年の秋にフィリピンへ渡航。2011年6月貧困地域であるカシグラハンにてママ達への技術指導・デザイン提供を行い製品を製作していただく、フェアトレード&エシカルファッションアクセサリーFeliz(フェリーズ)を立ち上げる。1児の母。

Felizのフェアトレード&エシカルについて

家族1

エシカル(Ethical)とは、直訳すると「倫理的な、道徳的な」という意味。 最近では、人や社会や環境に配慮しようとする考え方やそれを選ぼうとする行動と捉えられています。 Felizは、商品を通して 人や社会や環境になんらかの良い影響をもたらすことが出来るもの・ことと考えております。
フェアトレード(Fairtrade)とは、公正な貿易という意味。 Felizでは、仕事を得ることが難しい環境に暮らす方々に、雇用の機会を作り、適正な価格でのお取引をしております。 大人が仕事を得て適正な賃金をもらうことで、家族の生活の向上と子どもたちが教育の機会を得られるようフェアトレードという仕組みを使っています。また、人や環境に配慮された素材を積極的に使用しております。

事業概要

創業 2011年6月
事業内容 フェアトレードアクセサリー、ジュエリー、ファッションアクセサリーの製造、販売、卸業
住所 東京都三鷹市中原4-3-3
TEL/FAX 0422-24-8646
ページ上部へ戻る